欲求と配信


2017/10/21 (Sat)

AdobeStock_81536639.jpeg



最近、というか以前から稀に僕も女の子の匂い嗅いだり撮りたいですという問い合わせというか質問来るので。


雑記ジャンルってかなり久しぶりに描くような気もします。需要があればですがこっちもちょいちょい更新しようかな~と。需要があればです。


結論から言うと自分でやっておいてあれですが正直おすすめするような事ではないです。


欲求を解消したいついでにお小遣いになればって思ってる方に対しての意見ですが。


動画を販売し第三者に提供するという事は購入して観てくれる方、出てくれる女の子、自己に対して、色んな責任が伴います。自己欲求を一石二鳥で満たしたいという利己的な問題ではなくなるからです。そして編集が大変です。編集が大変なんです。


僕も当初の目的として、素人の匂いというものを映像化して同じツボのフェチの方に共有しよ~という目的も割と大きな割合を占めていました。実際動画撮ってる時も自分の欲求よりも何したら観る人楽しいかな~という事がまじで脳の大半です。


さらにいうなら一番興奮する時は出会い系で話した女の子と実際に会う瞬間、ナンパして交渉成立した瞬間、この子の匂い嗅げんのかって思った時が興奮の絶頂です。これ撮ってる人は分かってくれる人いると思うんですがどうでしょ~。


そもそも何かしらの目的があって本気でやりたいって思った人は既に行動してると思うので僕程度に質問し僕が意見する事ってほぼないかなと。


例えば、スカトロなんかでも興奮はしなくても興味本位で観る分にはお~すげ~なって観れるには観れますが実際に目の前であれを出されると気絶すると思います。例えが自分でも謎だと思いましたが特に理由が無ければ視聴する側の傍観者である方が楽しめる場合もあるという事です。隣の芝は~とかいいますし僕も自分の経験よりも他人のえっちな動画観てる方が興奮するという事もざらにあります。


という事で


メリット



・同じフェチの方との交流が圧倒的に増えた。

・共感してくれて喜んでくれる人がいる

・普段絡まないようなタイプの女の子と絡んだ

・女の子の匂いを嗅ぐ事が出来る


デメリット



・プライベートでも動画の事が頭に過る

・フェチを楽しむという概念が変わった

・編集が大変

・編集が大変

いま一瞬で思いついた事だけですがこんな感じでしょうか。あとは責任が伴います。ご参考までに!


関連記事



この記事へのコメント


その気持ち分かります!

まずは先日のコメントへの返信ありがとうございました!まさか読んで頂けるとは思っていませんでしたので、気持ちが伝えられて良かったです!コメント投稿の仕方が分からず、鍵付き?になっていたんですね。

今回の記事は、自分にも共感できます!
自分も、過去に動画や写真を編集し、ブログ掲載していた時期がありました。

最初の頃は、足フェチを堪能しながら、それを文章で伝えたりすることがワクワクと興奮で楽しかったです。
しかし、5,6回ほど続いた頃に(わりと早め)、編集作業が辛いと感じ始めました。笑
自分の大好きな映像を見ているのに辛い。
とにかく編集が嫌だ。。笑
それまでは、変態な妄想や、変態な文章は次から次へと湧いていました。
しかし、それが仕事に変わることで、義務感に変わっていくことに気付きました。
「このままでは、足フェチが苦に感じてしまう」「もしかしたら、足フェチじゃなくなるかも」そんな風に、思いました。
蒸れ蒸れのパンスト足の女性を目の前にして嗅げない辛さよりも、自分が足フェチではなくなることの方が辛いなと感じました。

そして、ブログはすぐに閉鎖し、編集動画や記事は全て削除しました。

自分は、変態足フェチとして、提供する側ではなく、提供される側でいようと決心しました!

ですので、ブログの内容はもちろんですが、その作業を続けられている管理人さんへは、敬意の念を感じます。

少しずつでも、休みながらでも続けて頂けると、全国の足フェチファンの幸せにつながりますのでよろしくお願いします!

またまた長文失礼しました。

Posted at 08:14:45 2017/10/22 by ストッ王

この記事へのコメント


Re: その気持ち分かります!

先輩だったのですね。現在は動画の配信を主な目的としてやっておりますのでブログの方の更新は疎かになっていて申し訳ないのですが、時間があればブログの方もこまめに更新していこうと思っております。

動画についてなにかご意見ご要望、リクエスト等ありましたらTwitterのアカウントもしくはこのブログコメント欄にてお気軽にお声かけ下さいませ、本当にありがとうございました!

Posted at 21:50:57 2017/10/22 by S

コメントフォーム



URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック