清潔感を身に纏い臭い足を制す


2017/05/15 (Mon)

AdobeStock_37359534.jpeg


参考までに今までこの活動の中で出会ったほぼ全ての子に対して、どういう相手なら僕が活動しているような変態フェチ行為を許せたり、娯楽としての性的欲求の相手としての許容範囲でありますでしょうか、という事を質問しているんですが殆どの子が口をそろえてまず第一に「清潔感のある相手」と答えます。


あまり顔が大事、という子はいませんでした。


後は女の子によって若い方が苦手だとか、年上すぎると苦手だとか、怖そうな人は苦手だとかありましたが基本的に生理的に無理な相手でなく、清潔感さえあれば割と大丈夫みたいです。


あとはやりとりしていて常識があって安心できそうな人であればって感じでした。


ですのでたまたま僕がその子に対しアクションを起こしたり貰ったりしただけで、清潔感と安心感さえあれば相手は僕である必要は一切なく誰でも構わなかったと思います。


僕も実際完璧にかわいい子でなければ匂いを嗅いでも興奮しない、という事は一切無く、生理的に受け付けられない相手でなければ楽しいし興奮します。彼女のようなパートナーにしたいかとなるとまた別ですが、欲求やフェチの解消相手だとストライクゾーンはかなり広がります。


ですが、いくらストライクゾーンを広げたとはいえ正直臭い足の匂いを嗅ぐならレベルの高い子に越したことはないです。女の子側も同じく、少なからず相手は選びたいと思っている子が殆どでしょう。


そこで、清潔感がひとつの重要な判断指標になるんではないかな~と。


男の僕でも自分の苦手な子だったり、清潔感の無い子の臭い足の匂いには嫌悪感しか抱きません。むしろ嗅ぎたくないです。


出会い系では警戒心だらけの女の子に対し、清潔感や安心感をちゃんと伝える事自体が大変です。以前の記事に書いたようなプロフィール写真の重要性だったり、メールの内容にも工夫が必要になります。

>>出会い系でのプロフィール写真の重要性


頼み事というものは、少なからず相手にも対価、若しくはそれ以上のメリットが無ければなかなか成立しません。特に出会い系なんかだと性犯罪も多い中、端から女の子側の方にリスク等のデメリットの方が大きな案件なうえに、見ず知らずの赤の他人が相手、こちらの少し曲がった変態願望を叶えて欲しい、という事なので尚更です。しかし、相手側へのメリットを少しでも増やす事でこちらの頼み事が成立する可能性は少しづつ上がると思います。


これに関しては機会があれば詳しくまた別の記事で書こうかな~と思います。


という事でかわいい女の子の足の匂いを嗅ぎたいみなさま、相手側へのメリット的評価にもなりえて路上でもプライベートでも効果的な清潔感。気を使いすぎる事に損はないかと思われます。かわいい女の子の臭い足を嗅ぐためにも僕と一緒に清潔感を磨いていきましょ~


関連記事



コメントフォーム



URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック